横浜にはプロペシアを処方してくれるAGAクリニックがあります

5αリダクターゼの動き

5αリダクターゼの動き | ミノキシジルと併用する

薄毛で悩んでいる人は中高年だけではなく、若者の間でも増えていると言われています。
海外では薄毛の原因について研究が進んでおり、男性ホルモンによって引き起こされる薄毛であるAGAの場合には、対応できる医薬品が登場しています。
AGA治療薬として開発されたものとして有名な存在がプロペシアで、世界中の様々な国ですでに使用されています。
プロペシアについては日本でも厚生労働省の認可を受けていますので、専門的な病院を受診することで処方を受けることが可能です。
関東地域に住んでいる人であれば、横浜にプロペシアの処方を行っているAGAクリニックがありますので、受診することで医薬品の処方をしてくれます。
プロペシアには有効成分のフィナステリドが配合されており、薄毛の原因とされている男性ホルモンのテストステロンと還元酵素の5αリダクターゼが結合して、DHT(ジヒドロテストステロン)が発生することを防ぐことが可能です。
DHT(ジヒドロテストステロン)が増えてしまうと、毛母細胞に影響を与えることで抜け毛が増えてしまうと考えられています。
フィナステリドには5αリダクターゼの働きを弱める作用があるために、DHTの生成を防ぐことにつながりますので、それによってAGAによる薄毛を食い止めることが可能になります。
AGA治療薬を病院で処方してもらうときには、保険が適用されないことを把握しておく必要があります。
そのために1錠あたりの価格が150円ほどしますので、1か月分の処方を受けるとなると診察料や再診料などを含めて10000円ほどの費用がかかります。

横浜 プロペシア | プロペシアのジェネリック医薬品について【浜松町第一クリニック】